URLのブランディング

WEBサイトのURLが集客に一役買っていることをご存じでしょうか。WEBサイトの名刺としても知られている「ドメイン名」は、WEBサイトを運用する際の目的や目標を意識したものが使用されることが望ましいなどと考えられているようです。

また屋号、商品名、企業名などをドメイン名に使用するオーナーさんが多いのは、1社にしか割り当てられない「co.jp」が、いわゆる信頼性のある会社としてのステータスをあらわしているからだと言われております。

企業名を耳にしたことがない商談相手にもURLをお知らせしただけで、ある一定の信頼度を獲得できるなどとされています。さらには「方言」などをプラスして地域の属性をアピールするブランディングもあるようです。