デジタルデバイスと私たち

仮想空間とも言えるWEBサイトは、時には名刺的なお堅い表情をみせ、時にはエンターテイメントを駆使したクリエイティブなアーティストの顔をのぞかせ、文豪や詩人を思わせる独特でユニークなキャッチコピーで人びとの興味を惹きつけてくれます。多くの人びとがスマートフォンを片手に目覚めてから床につくまでの間、まるで自分の分身のようにスマホ画面をのぞき込む姿は時代を遡った先人たちからすると未来人の姿としてどのように映るのでしょうか。現代を生きる私たち人類にとってデジタルデバイスは、まるで生きものと対話するような感覚で生活をともにしています。パワーの源でもあるバッテリーが途切れないように、慎重に充電のメモリを気にする人びとは、あたかも自分自身のエネルギーの測量計を眺めているようにも見えるのです。