人同士の衝突は対処が難しい

プロジェクトマネジメントで苦労するのが、ヒトの管理ともなる対人的な衝突。Web制作の制作現場では尚更です。コミュニケーションがうまく行われている時は大事に至らない場合でも、誤解や情報共有不足による思い込み等に起因した対立がこじれてくるとプロジェクトの進捗にも影響しかねません。

大きなプロジェクトになるほど、分業化が進むためその確率は増すばかりと言っていいかもしれません。さらに少しづつ画面イメージなどが具体的な姿を見せてくる後半になると、発注者からの希望による変更要求なども加わり対立の種は増すばかり。

これらを上手に対処していくのがプロジェクトマネージャといわれています。対策として共通して言えることは、早めの現況判断と常日頃から現場のコミュニケーションを円滑に図っておくことに尽きるのではないでしょうか。